フランス史

フランス史

ナポレオンはセントヘレナ島でどんな生活だったのか?

1812年のロシア遠征の失敗後、ヨーロッパ各国の反撃により、ナポレオンはエルバ島へと流されますが、1815年にエルバ島を脱出し祖国フランスへ帰国。再び皇帝の座へと返り咲きます。しかし、ワーテルローの戦いにて敗北し、絶海の孤島セントヘレナへと流され、二度とフランスの地を踏むことなくこの世を去ります。果たして、ナポレオンはこのセントヘレナにてどんな生活を送っていたのでしょうか?
フランス史

ルイ・アレキサンドル・ベルティエ 【ナポレオンを支えた参謀長】

ナポレオン皇帝下のフランス帝国において副大元帥にして陸軍大臣、さらに帝国顕官副国民軍総司令官にして元老院議員、さらにはヴァランシャン公爵、ヌーシャテル大公爵、ヴァグラム大公爵に任ぜられ、そして皇帝にして国軍最高司令官であるナポレオンの参謀長でもあったのがルイ・アレキサンドル・ベルティエです。彼の劇的な人生について記してみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました