スポーツ

スポーツ

マグジー・ボークス マイケル・ジョーダンを相手にしたNBA最小のスーパースター

アメリカの4大プロスポーツといえば、野球、アメリカンフットボール、アイスホッケーそしてバスケットボールの四つです。その中で選手の年俸が一番高いものは、意外にもバスケットボールななのです。その理由のひとつは、プレーヤーの数が少ないからといわれています。莫大な収益を少ない人数で分配できれば、その分、選手の年俸は高くなるからです。そんな限られた人数で構成されるプロバスケットボールの世界にすごい選手が居たのをご存知でしょうか?その男の名はマグジー・ボーグス。アメリカのプロバスケットボールと言えば、身長190センチなんてあたりまえで、2メートルを超える選手も珍しくありません。ところが、マグジーの身長はなんと160センチ!160センチといえば日本の中学生でも大勢います。そんな日本の中学生ほどの身長のプレーヤーがコートを縦横無尽に駆け回って大活躍をしていたのです。今回はNBAで伝説となった彼についてに迫っていこうと思います。
スポーツ

カルロス・カイザー 決してサッカーをしない伝説のサッカー選手

皆さんは、カルロス・カイザーという選手をご存知でしょうか?実はこの選手、かなりの異色の経歴の持ち主で、その「かなり」というのは、前例が無く、また現代でカイザーのようなキャリアを歩むのはほぼ不可能と言えます。実はこのカイザー、ほぼプレーをせず約20年間過ごしたという「異色の経歴の持ち主」なのです。いったいどんなプロサッカー人生だったのか、本記事で触れていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました